神奈川県ラグビーフットボール協会が主催する第一回サステイナブルーカップ2022に於いて臨時ラグビー・クリニックを開催

2022年2月11日に神奈川県ラグビーフットボール協会が主催する第一回サステイナブルーカップ2022が県立保土ヶ谷公園ラグビー場で開催されました。

好天にも恵まれ、県立保土ヶ谷公園ラグビー場には、小中学生を中心とした神奈川県在住35名の女子ラグビー選手が集い、日頃の成果を繰り広げました。

NPO法人YOKOHAMA TKMも大会への協賛の他、西川和樹・理事、長谷部直子・理事が、TKMの普及育成担当と共に参加。高校生による7人制デモンストレーション・マッチに続き、神奈川県唯一の女子実業団チームYOKOHAMA TKMの選手(3名)& TKM所属の元・日本代表選手による臨時クリニックを展開しています。

当日の様子はYOKOHAMA TKMのサイトで公開中の「サスティナブルーカップ・クリニック・トンガ救援募金」も併せてご覧ください。

神川県在住の女子ラグビー選手が、今後も切れ目なく選手生活を継続出来るよう、NPO法人としても引続き関係機関等と協力、幅広く応援する計画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。